iPhone7sに搭載されているiOSの恩恵

アップル社が販売するスマートフォンのiPhone7sは、iOSと呼ばれる基本ソフトが入っています。



iOSは、これまでのスマートフォンでは行うことができなかった画面上で一度に複数の場所に同時にタッチし操作するということが可能です。


その操作方法はマルチタッチと呼ばれ、さらに加速度センサーが搭載されていたり、これまでのアプリには存在しなかったユーザーインターフェースが特徴的です。
初期のiPhone7sでは、使用者がアプリを追加するということは行えませんでしたが、現在ではアップル社が管理するサービスにおいて様々なアプリを自由にインストールすることが可能になっています。


iOSが持つ魅力は、数多いもののその中でも特に魅力的なのが高い安全性です。


搭載されているiOSからiPhone7sに至るまで全てアップル社が提供しているため、端末と基本ソフトそして各アプリとの連携が強く外部のウイルスから悪影響を受けるという可能性が低いのです。


また、アップル社が管理を行っているアプリは限られた機能のみが解放されているという状況です。


中には、そういった状況に不満を持つ方が居る一方安全性を第一に考えた結果とした場合大きなメリットであると言えます。



実際に、iPhone7sにおいては他社のスマートフォンで相次ぎ報告されているようなウイルスによる問題は存在していません。



さらに、アプリ自体も作りやすいということから良質なアプリが日々生まれやすいとも言えます。